食欲の秋を楽しむダイエットのポイント/最新情報

HOME > 最新情報 > コラム > 食欲の秋を楽しむダイエットのポイント

食欲の秋を楽しむダイエットのポイント

秋は「食欲の秋」と言われ、美味しいものがたくさんある季節ですね。
 
 
9d473139a41788d9b2e62676b1d4215e_s.jpg
●夏は暑くてあまり食欲がなかったのに、
 涼しくなりはじめてからから急に食欲が湧き、
 ついつい食べ過ぎてしまう。
 
●露出の多かった夏は、
 ダイエットを頑張っていたけれど、
 秋になって油断してリバウンドしてしまう。
 
なんていう方も多いのではないでしょうか?
 
今回は「食欲の秋」を楽しみながら
痩せやすい身体を作るポイントをお伝えします。
 
 
「なんとなく」の積み重ねがデブになる!?
そんなにお腹が空いているわけではないのに、
「なんとなく」食べ物を口にしていることはありませんか?
 
・買い置きのお菓子を「なんとなく」食べている
 
・毎朝、カフェで「なんとなく」砂糖とミルクがたっぷりはいった
 コーヒーを飲んでいる
 
・コンビニで「なんとなく」必要のないものも買って食べている
 
 
無意識のうちに何か食べているという方は、
意外とたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
 
 
だからといって、
お菓子やコーヒーを食べたり飲んだりすることが悪いことではないのです。
 
ただ、食べるときに「なぜ」食べたいと思ったのかを考えてみてください。
 
 
本当は食べる必要がないのに、
習慣的に食べていたり、何かのストレスの発散になっているなど、
なにか理由があるはずです。
 
その理由を見つけることで、何となく余分に食べている習慣の改善につながります。
 
 
バランスは長期的に考えればOK!
美味しいものがたくさんあるこの季節。
外食だって楽しみたいですよね?
 
・外食したいけど、ダイエット中だから控えている
 
・外食だとバランスよく食べられない
 
 
毎食バランスよく食べようと意識すると、外食中心の方は難しくなります。
 
しかし、1食でバランスをとらなくても
1日や1週間でバランスがとれていればOKなのです。 
 
 
1日3食食べるとして、1週間で21回 の食事があります。
2014-08-25 19.33.46.jpg
 
食べ過ぎた次の日は、
ご飯(雑穀)+具たくさん味噌汁などの
シンプルな食事で調整しバランスをとればいいのです。
 
(次回10月22日に、外食のポイントをお伝えします。)
 
 
毎日頑張るのは疲れてしまいます。
 
1日1食程度なら息抜きに楽しむための食事もOKです!
 
 
食べるときは思いっきり楽しむ!
食事をするときにこんな事を考えている方いませんか?
 
・また食べちゃった。
 
・これを食べたら太るかな?
 
ダイエット中は口にするもの一つ一つが気になったりします。
 
 
しかし、同じものを食べていても消化・吸収には、
「気持ち」の違いで差があると言われています。
 
7197472b3c89ca6ac3ac8002e9a5fe67_s.jpgのサムネイル画像
「美味しい!幸せ!」とハッピーな気持ちで食べると、
消化液の分泌が活発になるため、
太りにくい食べ方になります。
 
 
しかし、「食べちゃった・・・」と
ネガティブな気持ちで食事すると、
消化液の分泌も悪くなると同時に、
胃や腸の動きが悪くなるため、
同じものを食べていても
太りやすくなってしまうのです。
 
 
緊張しているときに口の中が乾いた、
という経験はありませんか?
 
これも上記と同様の反応で、
極度の緊張状態のときは交感神経が高ぶるため、
唾液の分泌が悪くなり、味が感じにくくなります。
 
 
せっかく同じものを食べるのなら、太りにくい方がいいですよね。
食べ方一つで太りやすい・太りにくいが変わります。
 
食事するときはハッピーな気持ちで「美味しい!幸せ!」を感じて食べましょう!
 
以上のポイントを押さえて、「食欲の秋」を楽しんでみてくださいね!
 
 
さらに詳しくご自身に合ったダイエット方法が知りたい方は、
 
弊社、管理栄養士がアドバイス致します。
 
 
担当:中西由紀
 
≪参考文献≫
村山 彩「あなたは半年前に食べたものでできている」 サンマーク出版(2013)
木下あおい「美人はコレを食べている。」大和書房 (2014)
 
 
≪ダイエット関連記事≫
三城円ブログここまで

最近の画像

Facebookページ(管理栄養士三城円による食事サポート)

Facebookページ パーソナル管理栄養士三城円による食事サポート

Facebookページ(日本パーソナル管理栄養士協会)

Facebookページ 日本パーソナル管理栄養士協会